PROFILE.


会いに来るカメラマン 

写 道 家  朔 丸 - syadowka sakumaru -

 ■プロフィール

1979年 福島県郡山市で生誕
1998年 福島県立郡山高等学校を卒業
2000年 福島県立総合衛生学院を卒業
2015年 歯科技工士として15年従事する
2012年 念願の一眼レフカメラを購入。狂ったように写真の猛勉強が始まる。
2015年 脱サラ。フリーのカメラマンとなる

・写真展アーカイブ

2015 ドイツ・ルール大学 福島の風景展 「今」

2016 浅草 ・福島の肖像

2017 福島・安積歴史博物館 写真教室によるグループ展 「フクシマ」

2018 仙台・「つむぎのとき写真展」 

2019 東京シティアイ・仙台ワンダーアートスタジオ・東京かがやきプラザ*

ひだまりホール「〜重度心身障害がいの人々と創作の日々〜」3月開催予定 

 

”奇抜な外観” ではあるが柔らかな物腰で着実に人の心を掴み始める。
以前より撮影したいと語っていた「働く男たちの肖像」が評判を得、多くの人の心を動かす。以降、口コミで広がり活動の幅を広げている。

 

インスタグラムでポートフォリオ公開中です。 

朔丸的肖像集

 

■撮影内容

会いに来るカメラマンとして御家族や御友人、大切な誰かへ、キレイに残したい時間に、カメラマンをプレゼントするという感覚で利用頂く。
被写体との距離を近づける為、撮影前の打ち合わせを最重要視していることで、

写真を通して「あなたの知らない、内なる魅力に出会う」ことを得意としている。
SNSやホームページなどに用いるポートレイト写真。 家族写真、七五三、還暦のお祝い、お誕生会などの催しイベント等の撮影。WEB用の写真の素材の販売や、作成も行う。 特に、福島県内の風景写真や、星景写真など多数取り揃えている。

また、不定期で開催している写真教室は人気を博している。

 

 

活動内容は Facebook instagram ・ ameba  にて随時更新中 !!

 

下記リンクをチェック!

 

    ↓

 

Facebook

個人ページ

 

ビジネスページ

instagram

活動記録

 

ポートフォリオ

ameba

見てね